本文へ移動

「風・水・熱・光」を生かした省エネな住まいづくり

住まいづくりはまず
 「断熱」について考えてください。
 
家を建てるとき、こだわりたいところはいろいろありますが、
まず第一に考えて欲しいのが、住まいの「断熱性能(外皮性能)」
です。断熱性が低い家は、寒さ・暑さに悩まされたり、
光熱費がかさんだり、さらには、家族の健康に影響が出たり、
住み始めた後のお悩みにつながってしまう恐れがあります。

これから長く住み続ける新居だからこそ、
家づくりは、断熱性を考えることから始めてください。


ライファーの家づくり

ZEHってなに?
 
ZEH(ゼッチ)とはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略。
創エネ×省エネ×断熱で、家のエネルギー収支をゼロ以下にする住まいのこと。
政府は「2020年までにZEHを標準的な新築住宅に」という目標を掲げています。
エネルギーの自給自足ができる快適な住まいZEHが、これからのスタンダードに。


パッシブって何?

パッシブハウスとは一定の性能基準を満たす省エネルギー住宅のことをいいますが、
ライファーでは、それを日本の各地域に合わせたときにどんな設計ができるのかと
いう観点で独自の「パッシブハウス」をご提案しています。

住まい手の健康で快適な暮らしを実現するために大切な、3つの熱(断熱・遮熱・蓄熱)
をコントロールするという考え方が、日本の建築において標準的な考え方になること
を目指しています。 


住まいと健康
 高断熱な家で快適・健康な毎日へ
 
住む人の健康が家の中の温度と関係していること、皆さんはご存知ですか?
健康リスクを考えると、温度差の少ない一年中快適な住まいが理想です。そこで大切なのが断熱性能。
壁と窓の断熱性能が高い家なら、寒い冬でも家のすみずみまで暖かく、
暑い夏はシェードなどで日差しを遮る工夫をすることで涼しさを保ちます。
まずは健康リスクと家の温度について考えてみましょう。

壁・窓で断熱性を高めて健康リスクを低減

暖房のないトイレや脱衣所が寒い!という経験はありませんか?冬の住宅でよく見られますが、実はとても危険な健康リスク。
温度差による急激な血圧変動が原因のヒートショックを低減するには、断熱性を高めて部屋間の温度差を少なくすることが大切です。
さらに研究者による調査で健康の改善効果も明らかに。
これも家の中の温度と関係します。健康維持に最適な室温を一年中保てることが、改善につながっているようです。
〈ZEHとお金の話〉
毎月の光熱費もお得に!
 
省エネ・断熱で光熱費をおさえ、創エネでエネルギー収支0に!
健康・快適なうえにエコで”お得な家”それがZEH住宅です。
地域区分:宮城県(5地域) 比較住宅:H28年省エネ基準空宅
※延べ床面積120㎡の標準的なプランの場合
※太陽光発電8kwのせた場合

ライフサイクルコストシミュレーション(35年)


家の省エネ性能を向上させるためには、一般住宅に比べて建築コストが
アップします。しかし、毎年かかるランニングコストを抑えることができます。


〈ライファーの家での暮らし〉
 
長く暮らす住まいのポイントは一年中いつでも心地よいこと、そして健康に過ごせること。
それを実現する「これからの住まい」ライファーの家でのの暮らしを、少しだけご紹介します。

開放的な大空間でも、部屋中ムラなく暖かく

魔法瓶のような効果で、部屋の快適さを外へ逃がさない。
「これからの家」なら、室内の”温度ムラ”も軽減され、部屋のすみずみまでしっかりあたたまります。
暖房をしても熱が逃げてしまうため、
部屋全体があたたまらない
高い断熱効果で熱を逃さず、
部屋のすみずみまで快適

部屋間の温度差が小さく、家中どこでも心地いい

しっかり断熱された「これからの家」は、暖房をかけると、家全体が暖かくなります。
リビングも、廊下もお風呂も玄関も、気持ちのいい温度でつながります。
冬、リビングから出ると寒くてつらい
廊下もトイレも脱衣所もあったか

夜暖房や冷房を止めた後も、朝まで快適さがつづく

夜暖房や冷房を消した後も、「これからの家」なら急激な温度変化を抑えられるので、朝起きるまで快適。
睡眠の質もグッと高まり、朝の目覚めもすっきり。冬に子どもが布団をはいで寝ていても安心です。
朝、寒くて布団から出たくない
温度変化を抑えて起きる時も快適

たっぷり光を採り込みながら、窓辺の寒さはしっかりカット

家の心地よさを左右する、重要なポイントの1つが「窓」。
「これからの家」なら、冬でも窓辺の寒さに悩まされない、気持ちいい窓辺がつくれます。
冬、窓辺に立つとヒンヤリする
冬でも窓辺が寒くない

▼ZEHをお得に建てるなら
TOPへ戻る