本文へ移動

住宅購入の適正予算は?


家づくりでいちばん頭を悩ませるのがお金の問題。

少し無理していい家を手に入れたとしても、ローン返済に

家計が圧迫されたら、せっかくの新生活を楽しむゆとりがなくなることも・・・

そう、資金計画に無理は禁物です。

どのくらいローンが組めるか?いくらぐらいの家なら買えるか?

まずは、「わが家の適正予算」をきちんと割り出すことから始めていきましょう。




▼頭金を2~3割用意できると理想

家づくりでは、建築費にばかり目がいきがちですが、

実はそのほかにも、税金や保険料、引っ越し代や

家具・カーテン代などの諸経費がかかります。

また、そもそも建築費をまるごとローンで補うのは、返済のリスクが

大きすぎます。最低でも2割、できたら3割は頭金を用意できると、

資金計画に無理がありません。そのうえで、毎月支払えるローンの額、

借入可能額、適正予算を割り出します。
 
その前にもう一度家計の見直しをしてみましょう!!

そうすると予算がアップできるかも



▼家計を見直して住宅予算をアップ
引き落としされてる固定費を削減すると

なんと

1000万円

住宅予算をUPできます


▼家にかけられる適正な総予算。その計算方法は?

自己資金(頭金+諸費用)+借入可能額=これが我が家の適正総予算

例えば、家賃7万円のアパートにお住まいで、年収400万円の方の場合・・・

①最大予算

400万円×0.42=168万円

168万円÷12ヶ月=14万円

14万円×300=4200万円

こちらは最大予算です。だいたい年収の10倍ぐらいですが

緊急の出費を考えたらあまりオススメはできません



②標準予算

7万円×12ヶ月×40倍(40年生きるとした場合)
3360万円

標準の予算です。※40年間大家さんに家賃を支払い続けますが。。。



③固い予算

7万円÷24ヶ月(更新料2年分)=2,916円

7万+2,916円=72,916円

72,916円×420(35年)×0.8=2449万円


上記の計算金額内にほとんどの方は

納まります。




▼住宅購入の優遇制度は要チェック!

住宅ローン減税と住まい給付金を説明します!!


 ■現金がもらえる「すまい給付金」

住宅を取得すると国からお金をもらえるのが「すまい給付金」制度。

住宅ローン控除が高収入の人ほどトクするのに対し、こちらは比較的

低収入者を対象としているのが特徴です。年収約775万円以下の人が

対象で、年収が少ないほど給付額は増加します。

給付金が受けられる条件は、床面積が50㎡以上、施工中に第三者に

よる現場検査を受けた住宅であること、住宅ローンを利用しない場合は、

年齢が50歳以上で年収の目安が650万円以下であることなど。

さらに、2022年12月までに引き渡し・入居完了した住宅が対象となります。

年収額の目安
最大給付額
450万円以下
50万円
450万円超525万円以下
40万円
525万円超600万円以下
30万円
600万円超675万円以下
20万円
675万円超775万円以下
10万円

※表は、「夫婦(妻は収入無し)および中学生以下の子供が2人」のモデル世帯における夫の収入の例

長年にわたって払い続けることになる住宅ローン。
無事に完済できるかどうかは、最初の資金計画にかかっています。現在の家計の状況と、
将来的なライフプランをしっかりと見据えて、安心して返せる額を見極めていきましょう。




株式会社ライファー
〒984-0041
宮城県仙台市若林区志波町17-17
キャピタル志波町101号
TEL:022-352-8128
FAX:022-352-8129
TOPへ戻る