本文へ移動

2018年施工事例

H様邸住宅 施工状況

RSS(別ウィンドウで開きます) 

瑕疵担保保険検査(建方検査)

2018-08-27
瑕疵担保保険&中間検査中です。
もちろん合格です

H様邸施工ブログ(建方後壁合板貼り完成)

2018-08-18
当社では、快適・健康・安心・省エネな暮らしのために最高水準の断熱税・耐震性を目指した住宅の実現を目指しております。
そのために耐震では構造用OSB合板で釘の間隔によっては壁倍率も5倍とれるものを使用。断熱性は湿気を通しにくい断熱材(A種硬質ウレタンフォーム)を使い、断熱材の中でも優れた透湿抵抗を持っています。この断熱材は35年無結露保証書付ですyes

H様邸施工ブログ(建方工事)

2018-08-04
建方中です
坪数のわりには片流れ屋根のせいか、かなり大きく見えますindecision

H様邸施工ブログ(土台敷き)

2018-07-28
遂に基礎完了して土台敷きになります。
大工さん宜しくお願い致します。

H様邸施工ブログ(基礎工事)

2018-07-21
基礎完了しました
アンカーボルトの位置は大丈夫です
土台を基礎としっかりと固定させる金物です

T様邸住宅 施工状況

RSS(別ウィンドウで開きます) 

T様邸模型です!

2018-06-04
完成イメージ模型ですwink
 
屋根はシングル葺き 色はグリーンです
 
外壁はアイボリー系ベースです。玄関前のみイエロー系を使用。
 
サッシ色はホワイトです。

外壁遮熱シート張り施工中

2018-06-04
当社では外壁には遮熱シートを使用!
遮熱シートとは 太陽の赤外線をアルミで反射するということ。
それでは遮熱と断熱の意味の違いは
遮熱シート「家自体」が熱を持ってしまうことを抑えます。
断熱材「外の熱が屋内に入るのを抑える」のと「屋内の熱が外に逃げるのを抑える」効果です。
よって遮熱シートで外からの熱を抑え、断熱材で室内の冷気を逃さないようにする。
 
外壁を貼る下地にもなり、熱を逃がす通気層としての外部胴縁(木部)を施工してます。
それも防腐処理済用木材を使用してます。(腐りにくい木材です。)
 
それとバルコニーと壁取り合い部分は雨漏れしやすい一番のところでもあるため、しっかりと防水には気を使っております。

建方後お施主様配線立会&お楽しみ手形式

2018-05-18
電気配線立会→壁塞ぐ前にコンセント、スイッチ、照明の位置を確認していただき、電気屋さん立会の元、変更あればその場で変更します。
その後、「お楽しみ手形式wink」 奏太君、ちゃ~んとカメラ目線してくれてますね~laugh
奏太君のお部屋出来上がるまでもう少し待っててね~
 

建方中間検査&瑕疵担保保険検査

2018-05-18
建方後中間検査&瑕疵担保保険検査状況です。
当然合格です~
 

建方完了後(シート養生状況)

2018-05-18
建方完了後状況
その後開口部(大きいところには特に!)にはシート養生(なるべく雨など中にはいらないようにすること)
屋根ルーフィング葺き中です。

桜ヶ丘 分譲住宅新築工事(下請け工事)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

完成しました!

2018-12-08

基礎工事(鉄筋組立て)

2018-07-14

安養寺 分譲住宅新築工事(下請け工事)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

完成しました!

2018-12-08

建方完了後状況です

2018-07-14
元請でも、下請けでもきちんと検査はしてますよ~wink
お客様からいただいたお仕事ですから~

建方工事です

2018-07-14
建て方工事中です。
仮筋違にて柱固定してます。
柱と梁にも金物を組み込んでます。

土台敷きです

2018-07-14
土台敷きに入ります。
 
ピン工法なので金物がそちらこちらにあります!

基礎工事

2018-07-14
ハウスメーカーさんの下請けでもお世話になっております。
 
基礎工事完了してますがやはり鉄筋の量が違いましたね~。勉強にはなります!
TOPへ戻る