本文へ移動

社長奮闘記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

政府の空き家対策

2017-10-23
「空き家等対策の推進に関する特別措置法」について
 
書いてみたいと思います。
 
なぜ空き家に法律なんて?とお思いかもしれませんが、空き家を放置できない時代であることを
 
自覚しておく必要があるでしょう。
 
空き家による悪影響の懸念は以前に書かせていただきましたが、空き家の増加が予測されている。
 
その理由は少子高齢化だけでなく、税制など多方面に関係しているそうです。
 
 
〇人口減少・世帯数が2019年がピークを迎え、徐々に世帯数が減ると見込まれています。
 
 世帯が減っても同時に家の解体が減るわけでもなく、空き家が残るケースもあります。
 
〇高齢者比率が高くなり、親が介護施設に入って実家が空き家になる。
 
〇建物がある土地の場合は土地のみの場合と比べて固定資産税が1/6まで優遇される。
 
 逆に考えると解体するだけで土地の固定資産税が最大4.2倍に増えるということ。
 
 だから古くなっても誰も解体しようとしません!!
 
〇解体費用の負担
 
 
そのため市町村では対策が必要な空き家を選別することになり、所有者に対して
 
適切な管理を促進するため、情報の提供や助言その他必要な援助を行うことができます。
 
措置1 解体の通告や強制対処が可能に!
 
措置2 固定資産税の特例対象からの除外
 
解体の件、税金については次回もう少し掘り下げて書いてみたいと思います。
 
少しは理解してもらえたでしょうか?
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
空き家相談士 山田 
 
 
 

実家が空き家になってしまう要因

2017-10-11
今回は空き家になる要因を考えてみたいと思います。
 
大きく分類すると6つにわかれますが、複合的な要因もあります。
 
1 認知症のため
 
2 共有→不動産が共有名義で、売却するときは必ず共有者全員の合意が必要
      
               貸すときは共有者の過半数の同意が必要
 
  つまり共有ですと、共有者が仲が悪い、認知症、海外在住、行方不明等なんらかの理由で
   
  共有者全員の合意が得られないと不動産が凍結してしまう。
 
3 相続→相続人が実家に住めば空き家にならないが、相続人の自宅が実家以外に持家があれば
 
  空き家になる原因がある
 
  *1 相続人の気持ちに踏ん切りがつかない(思い出の家のため売る貸すをしたくない)
 
  *2 相続人が複数の場合紛争が生じ、意思疎通が図れなくなる。解決に時間がかかる。
 
  *3 相続人に認知症の方や行方不明者など、意思表示ができない人がいる場合
     
     認知症の方は裁判所に成年後見人を選任してもらうことになる
     
     行方不明者の場合は裁判所に不在者の財産管理人を選任してもらうことになる
 
4 相続人全員の相続放棄→相続放棄は相続人各自ができますが債務超過などで放棄することもある。
 
5 買い手がつかない
 
6 実家を売りたくない→実家を倉庫代わりにしておいたり、愛着があるとかで消極的である
 
 
いずれの場合でも、時間がかかる、お金がかかる要因となって空き家になっています。
 
しかしこれから説明していく「実家信託」の導入で大部分をカバーできると信じております。
 
次回も空き家について触れていきたいと思います。
 
最後までお読みいただきありがとうございます。
 
空き家相談士 山田 
 
 

実家が空き家になると困ること

2017-10-10
今回も空き家(実家)について触れていきたいと思います。
 
それでは皆さん、空き家になると一番に心配なのは何でしょうか?
 
火災です。それだけではなく、近隣への延焼によって多大な
 
迷惑をかけてしまうということです。
 
中長期の空き家状態では湿気により劣化して老朽化が進行し、倒壊のおそれもある。
 
空き家が蓄積されると、地域全体の空き家率も上がります。
 
その影響で 
 
1 空き家の敷地が荒れて建物の劣化が激しくなるため見栄えが悪くなる。
 
2 空き家の多い地域は地域全体の環境価値が低下する。
 
3 不動産価格が下落する。
 
4 治安の悪化にもなる。
 
 
税金の問題についても影響が・・・。
 
親に認知症や病気、事故などが起こって実家が凍結してしまうと、
 
その間に税金が跳ね上がり、使えるはずだった特別控除の特例が使えなくなったりなど
 
税金を多く払う状況になりえます。
 
固定資産税・都市計画税は値上げし、それに居住用財産の特別控除(3000万円特別控除)などは
 
使えない可能性が出てきます。
 
この辺のところを考えていただき、次回は実家が空き家になってしまう要因を
 
考えてみたいと思います。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
空き家相談士 山田 
 
 
 
 

みやぎ復興マラソン

2017-10-03
今回はプライベートなことですが・・・。
なんと私、山田は復興マラソンなる42.195kmを無事完走してまいりましたyes
 
最高のお天気で少し海沿いの方は風が強くなるところもあり、途中ふくらはぎの痛みもあって
 
何度か棄権も考えましたが最後まで時間内にゴールできてよかったです。
 
ゴール寸前では初挑戦初完走のためか、感極まってしまいましたcrying
 
沿道からの応援はもちろんのこと、給水コーナーに合わせてみやぎのフードコーナーもあり、
 
本当にみなさんのおかげで走りきることができました。
 
ありがとうございました
 
https://lifer.co.jp/files/libs/34/201710031858074673.JPG
 

空き家にさせない!

2017-09-30
ご無沙汰してます。
 
今回は実家のことについて書いてみたいと思います。
 
実家の不動産名義人(親)が認知症になると、意思表示ができなくなってしまいます。
 
意思表示ができなくなると、そのままで実家を賃貸したり、売却することが不可能になって
 
しまいます。  ご存知でしたか??
 
https://lifer.co.jp/files/libs/29/201710031744491866.PNG
 
 
親が死亡後においても、相続人間でもめたりすると、こちらも同様に何もできません。
 
すでに亡くなっている祖父の土地に父親名義の実家が建っていたり、建物に認知症の祖父母の名義が
 
入っているかもしれません。親のみでなく、別の人の名義が入ってるのであれば、
 
その方の持ち分の大小にかかわらず、
 
認知症や相続が大きく影響して実家全体が貸せなくなったり、売れなくなったりします。
 
このように「共有」ですと、その中のたった一人が認知症だったり、相続でもめたりすると
 
不動産全体が凍結してしまいます。下記の診断チャートでどこにあてはまるかをご確認ください。
 
https://lifer.co.jp/files/libs/31/201710031745211450.PNG
 
上記の答え①~⑤を次にあげます。
 
https://lifer.co.jp/files/libs/32/201710031745352791.PNG
 
https://lifer.co.jp/files/libs/33/20171003174751644.PNG
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
次回も空き家について述べたいと思います。
 
空き家相談士 山田
 
TOPへ戻る