本文へ移動

住宅ローンが組めるの?


住宅ローンとはその名の通り、住宅(一戸建て住宅、マンション等)を購入したり、

改築したりするために金融機関から借りるお金のことです。

しかし、住宅ローンは誰でも利用できる訳ではありません。金融機関の審査を通らなければお金を借りることができません。

また、審査によっては借りることのできる金額が希望の金額に届かないこともあります。




ライファーの住宅ローン相談であなたのお悩みを解決いたします!

融資否決になった方でも住宅ローンを借りられる可能性がある事実を

あなたは知っていますか?そのことを知っているか知らないかによって、大きく結果は変わってきます。

本来通るはずの住宅ローンが通らないで諦めている人が大勢いるのです。

ライファーの住宅ローン相談は他社の住宅展示場、住宅会社や銀行の営業マンの話

だけでは知りえない情報満載でお伝えします。

月間1000件の住宅ローン審査申込実績のあるiYell(いえーる)

住宅ローンの見直しを行っているWhatz Moneyとの提携をして

お客様の満足のいく住宅ローン提案を実現します。



〈住宅ローンが組めない原因〉

以下のような原因や理由があり住宅ローンが組めない場合があります。
 

▶年収が300万円以下

住宅ローンを組む上で一番最初に重要視されるのが「年収」です。しかし、年収が300万円以下の方は住宅ローンが組めないのでしょうか?
 

ご安心ください。そんな事は決してありません。

 


 

 

▶自己資金が少ない。もしくは自己資金がない。


住宅ローンを組む際に「自己資金が少ないとダメだ。」「自己資金がゼロだったら絶対に住宅ローンなんて組めない。」と思われている方が非常に多いです。

 

ご安心ください。ライファーでは自己資金は必要ありません。

 


 

 

▶車のローンの残債がある。


車を購入する際の支払いは、ローンを組む割合が6割以上と言われていて、返済期間も平均で3年~5年が多いようです。


住宅ローンを組む際に車のローンの残債があると組めない可能性が高くなります。

 

ご安心ください。ライファーでは車のローンの残債があっても住宅ローンが組めます。

 


 

 

▶サラ金・キャッシング・リボ払いの残債がある。


サラ金やキャッシングの利用者人口は1200万人とも言われ、実に国民の1/10にもなります。


利用者の年齢も30代40代が多く、家づくりをされる多くの方が該当します。

 

ご安心ください。ライファーではサラ金、キャッシング、リボ払いの残債があっても住宅ローンが組めます。

 


 

 

▶クレジットカードの支払い遅延がある。


お買い物の支払いや公共料金の引き落としなど、クレジットカードは様々な場面で使われていますが、


銀行口座の残額不足などにより支払いが遅れた事がある場合、住宅ローンは難しくなります。

 

ご安心ください。ライファーでクレジットカードの支払いが遅れた事があっても住宅ローンが組めます。

 


 

 

▶債務整理をした事がある。


過払い金返還請求の事で、最近テレビやラジオのCMで弁護士事務所などが行っているサービスです。


この債務整理をした事がある場合、住宅ローンを組む上で支障をきたす場合があります。

 

ご安心ください。ライファーで債務整理をした事があっても住宅ローンが組めます。


 

 

▶家族の借金を肩代わりしている。


家族の借金を肩代わりしている場合、住宅ローンを組むのはなかなか難しくなります。

 

ご安心ください。株式会社ライファーでは家族の借金を肩代わりしている方でも住宅ローンが組めます。

 


 

 

▶すでに住宅ローンを組んでいる。


中古の一戸建を住宅ローンを組んで購入した後で、「やっぱり新築にすれば良かった…」と言うケースは少なくありません。


通常の場合、「現在の住宅ローンを完済してから」になります。

 

ご安心ください。株式会社ライファーではすでに住宅ローンを組んでいる方でも住宅ローンを組めます。



 


 

 

▶契約社員や自営業を営んでいる。


年々数が増加している契約社員の方や自営業の方の場合、開業年数や売り上げなどに関係なく、住宅ローンを組むのが大変難しいのが通例です。

 

ご安心ください。株式会社ライファーでは契約社員や自営業を営んでいる方でも住宅ローンを組む方法があります。

 

 

上記の内容に当てはまる方が是非ご相談やお問い合わせをください。アドバイスなど一緒になって考えさせていただきます。





住宅ローンが通らなかったのは本当は自分の問題じゃないかも?

住宅ローンの融資審査は年々厳しくなっており、住宅ローンを借りる人の

約1~2割が否決、または減額になる現状と言われています。

そのため、「事前審査では承認されたが、本審査では否決になった」

「事前審査で否決や減額になってしまった」など理由も分からないまま結果だけを

突きつけられ、マイホームの夢を断念せざるを得ない人が後を絶ちません。

しかし、住宅ローンが借りられない理由はあなた自身の問題だけではないのです。

なんと、融資を受け付けた建築会社(不動産会社)が持つ知識と選択の仕方

によって、否決になる場合があるのです。




住宅ローンの悩みをプロに相談するべき2つの理由

1.今が絶好のタイミング!

今は超低金利時代に突入しててます。しかしその分、住まい給付金や住宅ローン減税13年の拡充など、

これから家を建てられる方にとって絶好のタイミングがやってきていると言えます。

そこでどんな対策をとれるかが賢く家を建てるヒントとなります。

本来マイホームをもてるご家庭だからこそ、正しい知識を活用してこのチャンスに

夢を実現するお手伝いをさせていただきます。

2.同じ工事なのに住宅ローンの種類によって返済額が変わる!?

全く同じ建物、工費、建材で建てても、どの銀行のどの住宅ローンを組むかによって、

総返済額が3,000万円、4,000万円、5,000万円と違ってくるという事が現実に起こっています。

住宅ローンの種類は約5000種類もある中で、もしあなたにとって不利な住宅ローンを

組んでしまったら…念願のマイホームを手放してアパート生活に逆戻りせざるを

得なくなります。もっと早くから知っていればよかったと後悔する前に、

あなたの負担を軽くする賢い選択を導き出します。



▼こちらもご参考ください

TOPへ戻る