本文へ移動







気密・断熱性能を高めることで、温度差の少ない室内環境に


冬のリビング、エアコンで暖かい室内も、「何となく寒い」「足下が冷える」「廊下やトイレは寒い」
と感じることはないでしょうか。この温度差は、暮らしの快適性を損ねるだけではなく、ご家族の
健康にも影響を及ぼします。

そんな、家の中の温度差を少なくするには、住まいの気密・断熱性能を高めることが大切なのです。



部屋間の温度差だけでなく上下の温度差も少ない快適性

気密・断熱性にすぐれたスーパーウォールの家は、部屋間の温度差が少ないだけでなく、
部屋の上下の温度差が少ないことも実証されています。

暖房が効いている暖かいリビングなのに、なぜか足元が寒いといったことがなく、床に座って遊ぶ
小さなお子様に寒い思いをさせることもありません。

また、吹き抜けや髙天井の空間においても、上下の温度差が少ないため、暖房効率を心配する
必要がありません。もちろん夏場も同様に、部屋の隅々まで快適な室温を保ち続けます。



就寝前に暖房を止めても翌朝15℃という暖かさ。

地域によって違いはありますが、冬場になると夜中の冷え込みが厳しく、就寝前に20℃程度あった
リビングの室温が翌朝には10℃を大きく下回るということがあります。このように暖房を止めて
しまうと、室温がどんどん下がってしまうのは、住まいの断熱性が低いことが原因です。

スーパーウォールの家は、断熱性が高いため、たとえ就寝前に暖房を止めても室温が下がりにくく、
翌朝も15℃程度という暖かさをキープ。朝の身支度の際、着替えで寒い思いをすることもなく、
快適に過ごすことができます。






見えない隙間、家の気密性が暮らし心地の差となって表れます。

住まいには見えない隙間がさまざまな箇所に存在しています。隙間が多いと、いくら暖房や冷房を
行っても漏れてしまい、快適な室内環境を保つことができません。したがって、暮らし心地を高める
ためには、住まいの気密性は重要なポイントになります。

気密性能はC値(相当隙間面積)として数値化されており、数値が小さいほど隙間が少なく、
気密性にすぐれていることを示します。スーパーウォールの家では、C値1.0を基準とし、
一邸一邸、気密測定を行い、性能報告書にてご確認いただいております。



この温度差役3℃は、セーター一枚分の暖かさに相当し、ついエアコンの設定温度を上げて
しまうことに。しかし、スーパーウォールの家なら、体感温度は22.1℃とその差はわずか0.9℃。
冬も夏も必要以上にエアコンの設定温度を上げ下げすることなく、心地よく過ごせます。




7月25日(日)10:00~
リフォーム補助金活用セミナー開催いたします!

最大300万円の補助金を活用できるチャンス!
参加費無料・先着4組までとなっておりますのでお早めにお申し込みください♪
株式会社ライファー
〒984-0041
宮城県仙台市若林区志波町17-17
キャピタル志波町101号
TEL:022-352-8128
FAX:022-352-8129
TOPへ戻る