本文へ移動
株式会社ライファー
〒984-0041
宮城県仙台市若林区志波町17-17
キャピタル志波町101号
TEL:022-352-8128
FAX:022-352-8129

安心・快適の品質

安心の地盤調査

着工前には専門業者によって地盤強度調査を行います。
スウェーデンサウンディング試験より、地盤沈下リスクや液状化判定を正確に詳しく把握する事ができます。

標準べた基礎工法

標準べた基礎工法 主筋13mm仕様 基礎立ち上がり巾は150mm標準。
ベタ基礎とは、基礎の立上がりだけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。
建物全体を面で支えるため不同沈下の防止と耐震性の向上に大きな力を発揮します。
また全棟について第三者検査機関による配筋検査も実施。
見えなくなる部分だからこそ写真保存しています。
 

防腐・防湿の基礎パッキン工法

防腐・防湿の基礎パッキン工法
ポイント7
基礎と土台の間に基礎パッキンを敷きこみ、自然の気流を利用した全周換気で床下全体を乾燥させる工法です基礎と土台を絶縁することでコンクリートの湿気が土台に上がることを防ぎ、腐朽菌やシロアリの被害から住まいを守ります。
また床下換気口が不要なため、コンクリート基礎の強度が安定し、耐震性もアップします。

水平のねじれに強い剛性床工法

従来の根太転がしよりも水平強度に優れる剛性床組工法を採用。
下地に28mm厚の構造用床合板、12mm厚の床仕上げ木材。
合計40mmの厚さで快適性と地震への強さを発揮します。
写真の土台の上に構造用合板28mmを貼ります。

地震に強い・火災保険が安いツーバイフォー工法住宅

ツーバイフォー工法住宅は、床面と壁面の全体で建物を支える6面構造。
そのため、外部から加わる力を6面にバランス良く分散吸収し、
地震や台風にも強く、高い安全性を確保する信頼の工法とされてい
ます。また気密性や断熱性も高く、断熱材の性能を100%発揮
させるため、光熱費も在来工法の約1/2に節約可能。
さらに、各室内が独立した防火区画を形成するため、火災にも威力
を発揮する構造です。
札幌の時計台は約120年以上経っても現在も凛として建ってます。
火災保険においては鉄骨造建物などと同じ分類扱いとなり、保険料が安くなります。
ツーバイフォー住宅の多くは省令準耐火構造に該当し、火災保険や
地震保険においても優遇されているのは、優れた耐火性や耐震性が認められているからです。
木造在来住宅の約1/2になります。

防蟻(シロアリ)処理

木材の腐れやシロアリの被害から守る為には、防蟻処理をする必要があり、木造建築の寿命を長くするには忘れてはならないことです。
土壌と地盤面から1mの高さまでの木部に防蟻処理を施します。
 

透湿防水シート&通気胴縁工法

壁内の結露は、断熱材内に侵入した水蒸気を含んだ空気が外気等に抜けず、断熱材内に滞留した場合に、外気温の影響で冷やされることによって発生する。壁内の結露は、断熱材の断熱性能及び木材の耐久性能の低下を生じさせる原因の一つとされている。
壁の中の結露防止対策として、気密性と防水性及び湿気を放散するに十分な透湿性を有する透湿防水シートを使用。外部胴縁により、壁体内通気も考慮してます。

フラット35S対応断熱材仕様

 この断熱材で建物全体を包み込む事で魔法瓶のような保温性に優れた室内をつくります。
壁天井共に高性能グラスウールを使用。さらに気密フィルムを貼り保温性を保ちます。

第三者検査機関の検査実施

着工から引き渡しまでの間の工程ごとに、当社独自の検査を行い、さらに国土交通大臣登録の住宅性能評価機関(株)住宅あんしん保証による第三者検査を実施

工事中から完成後も4つの充実安心サポート

工事中の万が一には工事総合保険で手厚いサポート。お住まいで暮らし始めてからも建物10年保険や地盤10年保証、まごころのアフターメンテナンスで安心です。
TOPへ戻る